Q&A(受信障害対策を委託したいとお考えの事業者様向けのよくあるご質問)

高層建築物等の建築主様からの質問

地域により、建設前に障害予測調査の義務付けや受信障害が発生した場合の措置(共同受信施設を設置する等)が定められています。各自治体の条例等をご確認ください。

※建造物受信障害に関する条例・指導要綱制定状況(令和4年2月調べ)・・・詳しくはこちら

当該家屋のアンテナの方向に建設されている場合は、受信障害の原因となっている可能性が高いと思われます。改善対策の検討が必要です。

ご相談は無料で行っています。「KCV」へお問合せください。

※アンテナ方向と相違がある場合も関連性が無いとは限りません。専門的知見からの判断が必要です。

建設後であっても、受信障害の原因であれば相応の対応をお勧めします。特に居住地の場合は、テレビは生活に欠かせないものであり、災害時にも重要な情報インフラとなり得るものと認識をお持ちください。

ご相談は無料で行っています。「KCV」へお問合せください。

共同受信施設を所有(管理)様からの質問

大きく次の2つのご提案が可能です。

①共同受信施設を「KCV」に譲渡する。

24時間365日の受電対応から故障修理まで、共同受信施設に関わる全ての業務を「KCV」で行います。

②維持管理業務のみ「KCV」に委託する

24時間365日の受電・点検・故障修理・課金業務などご希望の業務を委託していただくことで、お客様のご負担が軽減されます。

ご相談は無料で行っています。「KCV」へお問合せください

主に、以下の作業が必要です。

①施設の利用者への説明(現在も施設をご利用されている家屋がある場合は、その対応も必要です。)

②受信基地や伝送路設備などの撤去工事

③関係機関等への廃止手続き(総合通信局、市町村、放送局、関西電力やNTTなど)

共同受信施設の利用者との合意形成や関係機関等への手続き等を考慮して、施設の事情に沿った計画をご提案させていただきます。「KCV」まで、お問い合わせください。